Ysabel LeMay

Paris Photo Los Angels 2015
世界各地で写真展が開催されていますが、いま開催中なのはParis Photo(http://www.parisphoto.com/)です。80件ものギャリーとアートブック社が17カ国からロサンジェルスの会場に集まっています。さらに詳しい内容はオフィシャルホームページからパンフレットがダウンロードできるようになっています。

そして、僕がきになった作家は、Ysabel LeMayーもともとはグラフィックアーティストとして会社にお勤め。退職後にフルタイムのペインター。2010年くらいから写真に興味を持ち始めた方のようです。このキャリアを読んで、思い出したのはクリスチャン・ラッセン。商業的には大成功したペインターでした。LeMayさんの写真をアメリカ人はどのように解釈するのか興味があります。
ぼくは、このようにPhotoshopを使った写真がGelatin silver printの巨匠達(ラルフ・ギブソンの個展も同フェアーで開催)と同時に並んでいることも面白いとおもいます。
モノクロからカラーへ進歩したように、いまフィルムからデジタルへと移行しています。映画のシネマフォトグラファーの間でも同じなのではないでしょうか。フィルムカメラの生産は現在ほぼ終わってしまいました。デジタルカメラで撮影したにも関わらず、写真作品とは不可逆でなくてはならないというのは、この先の進歩に足かせにならないと良いのですが。写真作品という概念がこれからどうなっていくのか気にして見ていこうと思います。

NewImage
Ysabel LeMay

NewImage
Adam and Eve in Worthy Paradise
Jan Brueghel the Elder and Peter Paul Rubens

尚、同展示のコミッティーは以下の4氏

BENJAMIN TRIGANO
(M+B, Los Angeles)
http://www.mbart.com/

Philip Martin
(Cherry Martin, 
Los Angeles)
www.cherryandmartin.com/

Tim Jefferies
(Hamiltons Gallery,London)
www.hamiltonsgallery.com

Christophe Gaillard
(Galerie Christophe Gaillard, Paris)
galeriegaillard.com